天然水は有害物質を含まないから身体に良い!

★実は水道水には有害物質が多い!★

 

水道水は無色透明で、パッと見、きれいに見えますが、実は目には見えない有害物質を含んでいますので、人体に悪影響を及ぼします。

 

 

 

有名なところで「塩素」ですが、実際はほとんど人体に悪影響を与えることはありません。デメリットと言えばちょっと水が美味しくなくなるぐらいのもの。実は、水道水には塩素など、比べ物にならぬほどのもっと恐ろしい有害物質が含まれているのです。

 

  • トリハロメタン・・・発がん性物質の発生原因になる物質。
  • ダイオキシン・・・同じく発がん性がある有害物質。
  • 鉛・・・体内に鉛がたまると脳に悪影響を及ぼします。

この中でも一番残留濃度の高いトリハロメタンは、他にもアトピー性皮膚炎やイライラ感、流産などの影響があるので注意が必要です。

 

このことから今、安全に飲める常備水として家庭でもウォーターサーバーの設置が人気となっています。ちょっとの投資で家族の、自分の健康が守れるのなら安い買い物と言えるでしょう。

 

水道水を飲まなくていいのなら飲まない方が良いのです。